(ここから、本文です。)

関係機関の連携に関する状況等の把握

定義

地域の就労支援ネットワークの構築や維持に関する状況や課題の把握を主たる目的とした研究課題

国内に関する報告書等
発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
1998年03月 調査研究報告書 No.25 地域ベースの障害者雇用支援システムに関する研究 地域の就労支援ネットワークの実態把握(1) 地域をベースとして雇用支援サービスを提供している(あるいはこれから提供する可能性がある)主体である地方自治体、企業、労働組合、雇用関連組織、福祉関連組織、医療関連組織に注目して、それぞれの組織が提供しているサービスの現状分析と問題点を整理してみることを課題とした。
2014年04月 調査研究報告書 No.120 地域の職業リハビリテーション・ネットワークに対する企業のニーズに関する調査研究 地域の就労支援ネットワークの実態把握(2) 地域の職業リハビリテーション・ネットワークの現状と課題に関して把握するため、訪問によるヒアリング調査を実施した。
2007年03月 資料シリーズ No.37 継続して医療的ケアを必要とする人の就業を支える地域支援システムの課題に関する調査 医療/保健/福祉機関における就労支援機関との連携の実態把握 現在の医療・保健・福祉機関における、疾患や障害をもつ人たちへの就業支援の取組みの現状を把握するため、医療・保健・福祉機関、患者団体等を対象とした実態調査を実施し、就業支援実施の現状、就業支援機関との連携の現状、就業支援に対する意識、課題、ニーズ、を明らかにすることを目的とした。
2007年03月 資料シリーズ No.37 継続して医療的ケアを必要とする人の就業を支える地域支援システムの課題に関する調査 医療/保健/福祉機関における就労支援機関との連携の実態把握 現在の医療・保健・福祉機関における、疾患や障害をもつ人たちへの就業支援の取組みの現状を把握するため、医療・保健・福祉機関、患者団体等を対象とした実態調査を実施し、就業支援実施の現状、就業支援機関との連携の現状、就業支援に対する意識、課題、ニーズ、を明らかにすることを目的とした。
2009年03月 調査研究報告書 No.89 地域関係機関の就労支援を支える情報支援のあり方に関する研究 機関連携の実態把握 実態調査から、地域における各分野における様々な関係機関がどの程度、どのような連携を行っているのかを明らかにすることとする。
2012年04月 資料シリーズ No.69 教育から雇用への円滑な移行のための連携のあり方に関する研究 教育機関と就労支援機関の連携の実態把握 先行調査研究及び連携事例に関する情報収集と整理を行い、連携する関係機関等への情報提供を行うことを目的とする。
2013年04月 資料シリーズ No.77 地域の障害者就労支援の実態に関する調査研究 -都道府県単位の指標を中心として- 地域別の機関連携の事例紹介 雇用、福祉、医療等データを詳細に収集した長野県、福岡県、東京都、岡山県、岩手県における就労支援機関等の具体的な連携状況、特徴的な取り組み等を把握する。
2017年03月 調査研究報告書 No.134 保健医療、福祉、教育分野における障害者の職業準備と就労移行等を促進する地域支援のあり方に関する研究 機関連携の有効性の評価 障害者の就労支援ニーズに公式、あるいは非公式にかかわらず対応している全国の保健医療、福祉、教育、雇用等の様々な機関・専門職における、効果的な役割分担と連携、そのための情報提供や研修等のあり方について、実態調査による以下のデータの分析により実証的に明らかにすることを目的とした。
2005年03月 資料シリーズ No.31 新たな地域精神保健福祉の動向-日本におけるACT(包括型地域生活支援)プログラムでの取り組み- 「包括型地域生活支援プログラム」の取組の紹介 その成果の一つとして、本資料シリーズでは、平成16 年2 月24 日に障害者職業総合センターで開催された常設研究会議での国立精神・神経センター精神保健研究所職員による講演内容を紹介致します。
講演内容は、西尾雅明氏(精神科医)による「新たな地域精神保健福祉 ACT-J」、久永文恵氏(ケースマネージャー)による「ACT-Jにおけるケースマネージメントとチームアプローチ」、野口博文氏(就労支援担当者)による「包括型地域生活支援(ACT)プログラムによる重度精神障害者に対する就労支援」の3 部構成となっております。
2016年04月 資料シリーズ No.94 地域の就労支援の現状把握に関する調査研究Ⅱ -障害者就業・生活支援センターの現状把握と分析- 地域の就労支援ネットワークにおける障害者就業・生活支援センターの課題の把握 地域の就労支援ネットワーク全体を視野に入れつつ、アンケート調査・ヒアリング調査により就業・生活支援センターの状況について把握を行うことにより、26 年度研究における数値分析結果とあわせて、地域の就労支援ネットワークとその中での障害者就業・生活支援センターの現状・課題を包括的に提示する。
2007年03月 調査研究報告書 No.75 事業主、家族等との連携による職業リハビリテーション技法に関する総合的研究(第2分冊 関係機関等の連携による支援編) 『トータルパッケージ』を介した効果的な連携支援の把握 トータルパッケージの試行を介した関係機関との連携について、事例を含めて整理し、教育・医療・福祉等の機関と職業リハビリテーション機関(以下「職リハ機関」という)の効果的な連携のあるモデルについて検討する
2010年03月 調査研究報告書 No.93-1 特別の配慮を必要とする障害者を対象とした、就労支援機関等から事業所への移行段階における就職・復職のための支援技法の開発に関する研究(第1分冊 就職・職場適応支援編) 機関連携における『トータルパッケージ』の効果の把握 トータルパッケージが連携ツールとして機能し、連携が構築されている事例と関係機関における連携や対象者の移行はなされているものの、トータルパッケージが連携ツールとして十分に機能していない事例をとりあげ、トータルパッケージの連携ツールとしての可能性を探る。
2019年03月 調査研究報告書 No.147 地域関係機関・職種による障害者の就職と職場定着の支援における役割と連携のあり方に関する研究 障害者就労支援の共通基盤の具体的内容の明確化(国内) 国内外の多様な機関・職種による多様な好事例を構造的に理解し、「障害者就労支援の共通基盤」の質的な面での理解を深めるものとした。
知的障害に関する報告書等
発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
2002年12月 調査研究報告書 No.53 知的障害者の就業と生活を支える地域支援ネットワークの構築に向けて 知的障害者に対する就業/生活支援のための関係機関連携のノウハウの把握 関係機関の連携のノウハウを収集、分析することを目的とした。
2002年12月 調査研究報告書 No.53 知的障害者の就業と生活を支える地域支援ネットワークの構築に向けて 知的障害者の就業/生活支援のための地域就労支援ネットワークの構築と維持に関する論考 地域支援ネットワークの構築に向けての援助付き雇用とジョブコーチについてである。…地域支援ネットワークの構築に向けてのケアマネジメントについてである。
精神障害に関する報告書等
発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
2014年04月 調査研究報告書 No.122 就労支援機関等における就職困難性の高い障害者に対する就労支援の現状と課題に関する調査研究~精神障害と難病を中心に~ 精神障害者に対する就労支援における就労支援機関と医療機関の機関連携の実態把握 精神障害者の就労支援に関わる、労働分野と精神科医療分野の各機関・職種における、精神障害者の就労問題についての認識や支援の困難性の認識、また、精神障害者の医療・生活・就労の多面的な支援の取組状況、役割認識、連携状況を詳細に把握し、その効果を含めて分析することにより、精神障害者の疾病管理と職業生活の両立支援における両分野の役割分担と連携のあり方について実証的な検討を行うことを目的とする。(25p)
2014年04月 資料シリーズ No.81 就労の困難さの判断の精度を高めるための連携についての調査研究 精神障害者に対する就労支援における関係機関の連携の在り方の把握 精神障害者・発達障害者・高次脳機能障害者の就職支援に際して、就労の困難さを精度高く判断している先進的な事例を幅広く収集することにより、就労支援にあたって収集すべき情報、連携すべき支援機関、支援機関同士の連携のあり方、支援機関と企業の連携のあり方等を明らかにし、障害者の就労の困難さの判断の精度を高め、障害者の就職促進に資することを目的とした。
2019年03月 調査研究報告書 No.146 効果的な就労支援のための就労支援機関と精神科医療機関等の情報共有に関する研究 「主治医の意見書」の在り方に関する検討 情報共有により職場定着に資するための情報共有シートをはじめとした情報を共有するためのツールの開発や「主治医の意見書」の検討を行う。
発達障害に関する報告書等
発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
2013年03月 調査研究報告書 No.112 若年者就労支援機関を利用する発達障害のある若者の就労支援の課題に関する研究 発達障害者に対する就労支援における機関連携の実態把握 職業リハビリテーション機関における利用者の利用状況並びに地域の社会資源における連携体制を把握することを目的として
2014年04月 資料シリーズ No.81 就労の困難さの判断の精度を高めるための連携についての調査研究 発達障害者に対する就労支援における機関連携の実態把握 精神障害者・発達障害者・高次脳機能障害者の就職支援に際して、就労の困難さを精度高く判断している先進的な事例を幅広く収集することにより、就労支援にあたって収集すべき情報、連携すべき支援機関、支援機関同士の連携のあり方、支援機関と企業の連携のあり方等を明らかにし、障害者の就労の困難さの判断の精度を高め、障害者の就職促進に資することを目的とした。
2017年03月 調査研究報告書 No.135 発達障害者に係る地域の就労支援ネットワークの現状把握に関する調査研究 -発達障害者支援法施行後10年を迎えて- 発達障害者に対する就労支援における関係機関の連携の在り方の把握 各機関が実際にどのような連携をとっているかをアンケート調査結果により見ることとする。
高次脳機能障害に関する報告書等
発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
2004年03月 調査研究報告書 No.63 高次脳機能障害者の就労支援-障害者職業センターの利用実態および医療機関との連携の現状と課題- 高次脳機能障害者に対する就労支援における職業リハビリテーション機関と医療機関の連携における課題の把握 地域センターと医療機関との間の連携の現状および、地域センターが医療機関に対してどのような問題や課題を感じているか、さらには、医療機関に対してどのような要望があるかの意見聴取により、今後の高次脳機能障害者の就労支援に際し、医療との適切な連携の在り方について検討する
2007年03月 調査研究報告書 No.79 高次脳機能障害者の雇用促進等に対する支援のあり方に関する研究-ジョブコーチ支援の現状、医療機関との連携の課題- 高次脳機能障害者に対する就労支援における医療機関と地域障害者職業センターとの連携の実態把握 医療機関が独自に行っている高次脳機能障害者支援(就労支援を含む)の実態を明らかにし、その上で、地域の就労支援の核となっている地域障害者職業センターとの連携の現状と課題を明らかにし、今後両者の現実的で効果的な連携のあり方に資することを目的とする。
2008年03月 調査研究報告書 No.84 地域における雇用と医療等との連携による障害者の職業生活支援ネットワークの形成に関する総合的研究 高次脳機能障害者に対する就労支援における医療機関と就労支援機関の連携の実態把握 全国各地の医療機関と就業支援機関の連携の現状と課題を明らかにしていくこととする。
2011年04月 調査研究報告書 No.104 失語症のある高次脳機能障害者に対する就労支援のあり方に関する基礎的研究 職業リハビリテーションサービスを利用した失語症者に対する就労支援における関係機関の連携状況の把握 全国の地域障害者職業センター(以下この章において「地域センター」という。)を利用する失語症者の実態把握、失語症者に対する具体的な支援手法の収集、および医療、福祉等関係機関との連携状況についての現状把握を行うことを目的とする。
2016年03月 調査研究報告書 No.129 高次脳機能障害者の働き方の現状と今後の支援のあり方に関する研究Ⅱ 高次脳機能障害者の就労支援における医療機関と就労支援機関の連携の実態把握 リハビリテーション医療機関と地域障害者職業センターとの連携の進展状況と課題を把握することを目的とする。
難病に関する報告書等
発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
2014年04月 調査研究報告書 No.122 就労支援機関等における就職困難性の高い障害者に対する就労支援の現状と課題に関する調査研究~精神障害と難病を中心に~ 難病患者に対する就労支援における就労支援機関と医療機関の機関連携の実態把握 難病患者の就労支援に関わる、労働分野と難病関連の保険医療分野の各機関・職種における、難病患者の就労問題についての認識や支援の困難性の認識、また、難病患者の医療・生活・就労の多面的な支援の取組状況や役割認識、連携状況を詳細に把握し、その効果を含めて分析することにより、難病患者の疾病管理と職業生活の両立支援における両分野の役割分担と連携のあり方について実証的な検討を行うことを目的とする。(155p)
2014年04月 資料シリーズ No.79 保健医療機関における難病患者の就労支援の実態についての調査研究 保健医療機関における多職種連携の必要性に対する認識の実態把握 難病患者の仕事と治療の両立を支えるためには、保健医療分野と労働分野のそれぞれの専門性や強みを活かした支援の役割分野や連携が必要である。現在の我が国の様々な保健医療機関において、どのような具体的な取り組みが両分野で必要と考えられているかについて調べた。
2014年04月 資料シリーズ No.79 保健医療機関における難病患者の就労支援の実態についての調査研究 保健医療機関における就労支援制度の認知/活用状況の把握 わが国の難病関連の保健医療機関における、難病患者のために活用できる就労支援・制度等として、大きく分けて、①就職・復職前からの支援、②就職や職場適応の支援、③企業への措置等、についての認知や活用の状況、及び、今後の活用への意向について現状を把握した。
2014年04月 資料シリーズ No.79 保健医療機関における難病患者の就労支援の実態についての調査研究 保健医療機関における多職種連携の実態把握 ①保健医療職による就労支援の兼務、②外部を含む就労支援担当者との日常的コミュニケーション、③医療・生活・就労の共同のケース会議等の3類型の体制整備を想定し、わが国のその現状を調査した。
2021年03月 調査研究報告書 No.155 企業と地域関係機関・職種の連携による難病患者の就職・職場定着支援の実態と課題 難病の就労支援の実態と課題の把握 難病のある人を対象とした「企業と地域関係機関・職種の連携による就職・職場定着支援」における多様な関係者の取組の実態と課題を網羅的に把握し、それに基づき、多様な関係者の効果的な役割分担と連携を促進する情報提供ツールとして、見取り図となるパンフレット(就労支援活用ガイド、リーフレット等)、及び地域障害者職業センター等による難病のある人への職業リハビリテーションの実務マニュアル的に活用できるハンドブックを作成することを目的とした。
海外に関する報告書等
発行年月 タイトル 研究課題 研究課題の参照記述文
2017年03月 調査研究報告書 No.134 保健医療、福祉、教育分野における障害者の職業準備と就労移行等を促進する地域支援のあり方に関する研究 アメリカにおける機関連携の実態把握 障害者就労支援の地域連携体制と人材育成の課題と具体的取組、及び関係者の障害者就労支援の共通基盤の具体的内容について、米国の状況を調査し、制度や文化的背景等との関係での普遍性と特殊性について検討した。